健康コラム

波平さんに学ぶ?現代人の「健康寿命」

 毎日暑い日が続きますが?いかがお過ごしですか?

 今年の紫外線予防は十分ですか?実は、肌だけ日焼け止めクリームを塗るだけでは不十分なんです。

「目も日焼けするってご存知でしょうか?」

 紫外線で黒目が炎症を起こすそうです。昼間は何でもなかったのに、夜になると涙がボロボロと出たり、目が痛くなったりしたことはありませんか?スキーでの雪目も同じですね。

 これまでの紫外線対策というと、美肌のための 日焼け予防というのが一般的だったかと思います。ですが、最近の疲労科学では、紫外線が激しい「疲れ」を引き起こすことが明らかになっています。

 疲れの原因となる活性酸素は、太陽の光に含まれている紫外線を浴びることでも、体内で作られてしまうのです。また、恐ろしいことに、目に紫外線が入ると、外に露出していない部分の肌まで日焼け肌になります。

 そもそも紫外線は、人にとって、細胞のDNAを書き換えてしまう大敵。目に紫外線が入ることで、角膜が紫外線を察知し、活性酸素を大量に発生させます。すると、脳は紫外線から細胞を守るため、全身のメラノサイト(色素細胞) を活性化させて、日焼けやシミの元となるメラニン色素を作らせます。その結果、目に紫外線が入るだけで、紫外線を浴びていない部分の肌まで日焼け状態になってしまうそうです。

 これからは、サングラスなどの紫外線対策も必要ですね。当店が取り扱う「プログリーン」は飲む日焼け止めともいわれます。外出する前には2包飲んでからお出かけしてくださいね。

 何の対策もなしに目に紫外線を浴び続けると、「白内障」「角膜炎」「翼状片」などのリスクを高めることになりますよ~。


 目に有害な光には、紫外線と青色光線があります。

 肌を黒くする「サンタン」長い時間をかけて水晶体に吸収され、白内障の原因の一つ、皮膚のしわ、たるみの原因になる肌を赤くする「サンバーン」角膜の炎症や皮膚がんの原因を引き起こす。

 最近危険性が認知されてきた、パソコンや携帯電話から発せられるブルーライト(青色光線)は、近年増加している難病「黄斑変性症」の原因の一つと考えられています。

 最近中高年に増え続けている白内障は、長期間にわたり紫外線が水晶体の濁りを促進させていると言われます。

 また、紫外線により活性酸素をたくさん作りますので全身に影響します。外出時に女性は日焼け止めクリームや日傘で自然に紫外線予防をされていますが、男性も必要です。これからは、日焼け止めクリーム、サングラス、帽子は必需品ですね。


 最近特に増えている病気が黄斑変性症、紫外線は目の網膜に届きにくいのですが、ブルーライトは目の網膜まで達します。パソコンや携帯電話から出るブルーライト(青色光線)が、目の網膜の黄斑というところに炎症を起こし目が見えにくくなるという仕組みです。

 ブルーライトはLEDから放出されますが、科学が進んだ結果、目に良くない症状が出るという皮肉な現象が起こってしまいました。

 ブルーライトは発生源からの距離によって影響が変わり、テレビや照明ではあまり影響しませんが、スマホやコンピューターでは、20cm~30cmと近いため影響が出やすくなります。特に夏休み中のお子さんのテレビゲームやスマホの長時間の使用はお控えくださいね。
 
 ちなみに、この黄斑変性症は以前は「加齢黄斑変性症」と言われていてお年寄りの病気でした。しかし、最近では若い患者さんが増えていることから、加齢の文字が無くなりました。病気は突然起こるのではなく、毎日の積み重ねから少しずつ発症しますので、小さい頃から気をつけましょう。 
   
 黄斑変性症には「萎縮型」と「滲出型」があります。「萎縮型」は加齢とともに萎縮することで起こり、進行もゆっくりです。

 問題なのは「滲出型」で、網膜の下にある脈絡膜から網膜に向かって、新生血管という正常とは違う血管が生えてきます。この血管はもろく破れやすいため、出血したり、血液中の水分(滲出液)がもれたりしやすく、それが黄斑部の下にたまります。その為、視野の中心部にある「見たいもの」が見えにくくなってしまいます。

 萎縮型の場合進行が遅いので治療をする必要がないのですが、萎縮型から滲出型に変化することがあるので定期的に検査は必要です。

 そして、病院での治療は、抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的でその費用は保険がきいてなんと1回15万円ぐらいだそうです。そしてそれを毎月ないし2~3ヶ月に1度するそうです。やはり予防が大切ですね。
 
 こちらの図で黄斑変性症のチェックができます。





 いかがでしたか?

 普通にマス目が見えていれば大丈夫です。右下の図のように中心が見えないとか、ゆがんでいたら黄斑変性症の可能性があります。

 いわい薬局には黄斑変性症の原因の新生血管を作らせないようにするものがあります。元々は癌のために研究されたフコキサンチンという物質が、この新生血管を作るのを防いでくれます。その為、黄斑変性症や、子宮内膜症などにも応用されています。NHKでも特集をやりましたゴースト血管の改善ができる超優れもの。このときは、ひどい肩こりや肩の痛みがゴースト血管のせいだといっていましたね。

 何故、黄斑変性について熱く語っているかというと、気を付けさえいれば、予防できる病気だからです。スマホやゲームは小さいお子さんもたくさん使っています。そんな難しい病気は私は関係ないわ!って言っていられない状況なんです。

 先日私が還暦を迎えたとき、、小、中、高、大と、それぞれの同窓会がありました。そこで、びっくりしたのがかなりの人数が白内障だとか、白内障の手術を、するとか、しないとか・・そのような話題ばかり。

 主人を含めて、私も、同年代のいわい薬局のお客様も白内障なんて全く無縁なんですね。もちろん全員にお聞きしたわけではありませんが、長くお付き合いをさせていただいて、プログリーンを長くお飲み頂いている方から相談されたことはありません。

 皆さんが気になるところの「白内障」は水晶体のタンパク質の濁りです。

 対策としては抗酸化のもので、酸化させないこと。あと、言われているのはガラクトースが水晶体を濁らせるとも言われています。牛乳だと乳糖不耐性があっておなかがゆるくなってしまう方も、ヨーグルトだと大丈夫!とばかりに毎日ヨーグルトを召し上がっている方もいますが・・・あれは、牛乳の中の乳糖がガラクトースに分解しているのでお腹がゆるくならないんですね。

 ある一定以上の年齢からは、ヨーグルトの摂取は毎日はやめたほうがいいかもしれません。

 また、意外に多いのが「飛蚊症」ではないでしょうか。視界にゴミのようなものが見えていませんか?これは硝子体に漂う不純物の影ですね。

 初めにお話したように、紫外線や青色光線は活性酸素を大量発生させてしまいます。目の使い過ぎで活性酸素が増えすぎたり、加齢やストレスで血流がおかしくなり、目の細胞が酸化されて、濁ってきます。  
 
 もちろん、普段からの予防が何よりも大切です。なってしまってからでは結構、大変です。でも、もし、まわりに目の事でお悩みの方がいらっしゃいましたらぜひ、お知らせください。漢方薬がお役に立つとおもいます。

 ちょっとした眼精疲労を感じたら、早めに漢方薬を使ってみてくださいね。目に良い漢方薬はアンチエイジングでもあります。30~40代から始めても早すぎではありませんよ~!
突然ですが…Q.サザエさんのキャラクターである“波平さん”は何歳の設定だかご存知でしょうか

答えは…はい!“54歳”!!案外若いですよね~(^_-)-☆
 
(ちなみにアナゴ君は衝撃の27歳です!(笑))
 
今回はそんな波平さんの年齢から、「健康寿命」について考えていきたいと思います。
 
 
◎健康寿命と平均寿命の差に驚愕
 
医療や生活環境の向上と共に上昇してきた“平均寿命”では、
 
弥生時代:30歳
江戸時代:45歳
大正時代:46歳
昭和22年:52歳
平成27年:85歳
 
弥生から江戸にかけての2000年間で15歳しか伸びなかった平均寿命が、大正から平成の100年間でなんと40歳も伸びました。これってスゴイことですよね?!
 
サザエさんの原作漫画は1946年(昭和21年)に開始されたそうなので、当時の平均寿命は52歳前後であったと思われます。つまり、波平さんは既に平均寿命に達しており、当時の54歳は髪の毛も薄くなり、孫もいるお爺ちゃんというイメージが当たり前だった?
 
のかもしれません。
 
しかし、あれから平均寿命の延びた現在では、50代はまだまだ現役。60代でもアクティブに過ごす方が多く。70代以降は個人差があるものの“人生100年時代”と言われるまでになりました。
 
一方、冒頭で出てきた「健康寿命」は平均寿命とは異なり、“健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間”と定義されています。簡単に言うと、誰にも迷惑をかけず、元気に過ごすことのできる期間ということですね!
 
ここで最近問題となっているのは、“平均寿命と健康寿命に大きな差”があることです。この差はある意味、日常生活に制限のある健康ではない期間(要介護期間)を意味します。
 
2016年において、この期間は男性8.84年、女性12.35年という統計が出ました。つまり、寝たきりなどの介護が必要な期間が、平均で8~12年もある!ということなのです。
 
これってかなりショック!!ではないですか?!
 
 
◎皆さんは何歳まで元気でいたいですか?
 
私が店頭で50代以降のお客様に「何歳まで長生きしたいですか?」とお伺いすると、「そんなに長生きはしなくて良いけど、元気ではいたいね」と答える方が多いように思います。
 
長生きするに越したことは無いけど、趣味や遊びも楽しめない、好きなものも食べられない、旅行やお散歩にすら自由に出られない、寝たきりの生活は避けたい…できれば家族にも迷惑をかけたくない…これが皆さんの本音ではないでしょうか?
 
これを実現する為には、日々の“体メンテナンス”が必要であることは、言うまでもありません。車や飛行機と同様に、長く良いパフォーマンスを維持し、安全に働く為には、自分の体に無頓着ではならないのです。
 
少しの故障や燃料切れといったシグナル(体の不調)を一早く修理(治療)し、愛情をもって自分の価値を高めること(体質改善)こそ、人生を最後まで楽しむ秘訣なのでしょう。
 
「ご自分の寿命と健康寿命の差を限りなくゼロに近づけること」
 
せっかくのご縁でいわい薬局に関わってくださった皆様には、是非それを実現していただきたいと切に思っています。
 
 
◎毎日の食事が私達の体を作る
 
いわい薬局では、体の“材料”を補給することになる毎日の「食事」が何よりも大切であると考えています。インとアウト、温と涼のバランスの取れた食事ができてこそ、私達の体は常に生まれ変わるのです。
 
わずか100年前までは50歳前後であった平均寿命…この50という数字には、実は大きな意味があります。それは、免疫力・ホルモン量・骨密度・皮脂量など、体の多くのものが50歳を境にピーク時の半分程度に低下するらしいのです。
 
確かに、女性の閉経年齢もだいたいこの辺りですよね。これはもしかすると、遺伝子レベルで考えても、神様が助けてくれる人間本来の活動は、50歳までを目安に作られているからなのかもしれません。
 
だからこそ、この時間を延長することが出来るかどうか?は、日々の体メンテナンスをどれだけ早く始めることができたか?が重要なように思います。
 
そしてそれは、30代でも、40代でも、早すぎることはないのです。もちろん、50代以降でも、諦める必要はありません!人間の細胞は毎日3000億個が入れ替わり、約200日で新しく生まれ変わるとも言われているのですから…
 
ただし、自分の“弱点”や“不足”はどこにあるのか?という見極めは大切です。
 
闇雲にメンテナンスをしようと、便利なマルチビタミンのようなサプリメントなどに手を出すことはオススメしません!その見極めのお手伝いをする為にも、私達いわい薬局を是非活用してください! 
 
きっと、私達の経験や知識は、貴方様やご家族のお役に立てると思います。
 
色々な事件や病気が流行る世の中ですが…人生明るく!!これから先も、皆で元気に暮らして参りましょう~!
旅行に行きたい!韓流の追っかけがしたい!社交ダンスを習いたい!ゲートボールがしたい!お孫さんを抱っこしたい!…
 
あなた様の未来をどうぞ存分に描いてみてください。
 
その未来を描くために、お薬をしっかり飲んでいただくことに加え、日頃の養生も再確認させていただきます。
 
せっかくなので、少しですが食事のお話もご説明しますね!
≪食養生のポイント①≫
筋肉は何からできていますか?そう、タンパク質ですね。では、タンパク質の一日に必要な量は?
 
g変換で体重の1,2倍から2倍といわれます。(体重50㎏の人なら最低60g…強化をしたいなら100g)
 
「あ!そのくらいなら食べてる」…って思ったあなた・・・あまいです(笑)
 
食品中のタンパク質の割合は魚で20%、肉で25%
 
もし、仮に全部お肉で取ろうとすると、一日で400g相当のお肉が必要です。夕食にお肉や魚を召し上がっている方は多いですが、とても、一食では摂りきれませんね。
 
なので店頭では“毎食しっかりタンパク質を食べましょう!”とお伝えしています。
 
もちろん肉も、魚も、卵も、豆も…ぜーんぶバランスよく、よく噛んで食べることが大切です。お肉が苦手な方は卵を多めにしても良いと思います。卵は少ない量でも吸収が良いので、効率よくタンパク質が摂取しやすいと言われています。
 
≪食養生のポイント②≫
では、骨の材料は何でできているでしょう?
 
カルシウム・・・
 
これは半分正解です。実は、骨はカルシウムだけでは強化されません。例えば、大まかな骨のミネラルのバランスは・・・カルシウムとマグネシウムが6対4と決まっています。この割合で摂取しないと、カルシウムだけで骨は作れないのだそうです。
 
牛乳ばかり飲んでいてもダメってことですね!ミネラルはバランスが大事です。
 
そもそも、骨は出来たら終わりでなく、常に、壊しては作り、作っては壊す作業をして骨の強度を保つために、リフォームを繰り返している訳です。そこにカルシウムだけがドカンと増えると、逆に体外に出さなければと体は思うのです。体にとっても、バランスはすごく大事なんですね!
 
そのため「アメリカや、欧米、デンマークなどの乳製品の摂取量が多い国では骨粗鬆症が多い」というデータもあります。
 
では、骨をつくるには何がよいか?
 
一番オススメできるのは「骨は骨で作る!」というわけで、“小魚”はやはりいいですね。
 
また、骨の形成にもやはりタンパク質は重要ですので摂取をお忘れなく!
 
さて、取らなきゃいけない物はわかりました。次は取ってはいけない物(‘◇’)ゞ
 
≪食養生のポイント③≫
基本的に避けていただきたい食べ物は、“炎症を助長するもの”“血流を悪くするもの”とご理解ください。例えば…
 
辛いもの、アルコール、油もの・・・炎症がひどくなります。
甘いもの・・・血流が悪くなります。白糖はミネラルの排出も促進します。
もち米・・・・やはり炎症がひどくなります。お煎餅もご注意を!
冷たいもの・・代謝も血流も落としますよね。
  
ご自分の体温以下の物は基本、冷やしますからご注意くださいね!

 
また、残念ながら、良いお食事を頂いても、筋肉は動かさないと絶対につきません。入院したり、骨折してギブスをしたりすると、あっという間に筋力は落ちてしまいますよね!
 
痛みのあるうちは逆効果ですが、楽になったら筋力をつけていくことも大切です。

 
毎日の養生とお薬があなたの膝痛を楽にするかもしれません。お困りの方は是非ご相談ください。