皮膚病/症例・お喜びの声

皮膚の痒みと口唇炎の漢方症例

人目が気になる口唇炎が気にならなくなりました!

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!

今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。

30代 女性 会社員

数カ月前より、肌の痒みが続いている。原因はおそらく、新しい化粧品を使ったことがきっかけ。(元々、肌は弱い方)

また、ここ最近は口唇炎を繰り返しておりステロイドを使用。(ピリピリ感が強く唇が腫れてしまうことも)

この他、ストレスに弱く動悸がして寝付けない、手足の痺れ感、心因性頻尿、下痢などの症状も気になるとのこと。

お仕事は問題なく出来るが、皮膚の炎症や口唇炎は人目も気になり、何とかしたいと希望され、ご相談に来られました。

問診の結果、皮膚の炎症を抑える漢方薬、自律神経の症状を和らげる健康食品をご提案。また、皮膚炎やアレルギー症状を悪化させない為の食養生などもアドバイスさせていただきました。

2週間後…
皮膚の痒みはまだあるが、唇の症状は落ち着いている印象。動悸はしなくなった。

4週間後…
皮膚症状は一進一退の状態。連休中に旅行に行ったこともあり食生活は乱れ気味。ただし、気持ちは安定している

2カ月経過…
口唇炎はその後、出なくなっている。夜の眠りも以前より良い。頻尿の回数も減った。

現在3カ月目…皮膚の痒みはまだゼロになっていませんが、服薬前と比べると調子が良いとのこと。唇も腫れなくなったので、人目も気にならないとのご感想を頂きました。

季節の変わり目は皮膚症状にも変化が出やすいので、様々なお薬の可能性を探りつつ、注意深く対応させて頂こうと思っています。

(一ヶ月のお薬代:約20,000円)