皮膚病/症例・お喜びの声

20代女性の吹き出物の漢方症例

当店で多くご相談いただいている「ニキビ・吹き出物」の漢方症例です。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
20代後半 女性  半年ほど前から吹き出物が気になる
 
数カ月前に転職し、それを機に生活環境が変化。
 
特に食生活の乱れがあり、それらが原因と思われる。
 
おでこ~頬~顎など顔に集中しており、痛みや痒みは無い。出来ては治るの繰り返し。
 
生理不順ではあるが、周期により症状が変化することは無いようである。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ニキビの問診では、まず大まかに
 
①体内の毒素
 
②ホルモンバランス
 
のどちらが主に影響しているかを判断するようにしています。(どちらも当てはまる場合もあります)
 
この方の場合、食生活の乱れから吹き出物が増えた経緯と生理周期の影響を受けていない点を考え、①の体内毒素が主な原因であると判断しました。
 
問診と肌の状態を見極め、この方には皮膚病でよく応用される漢方薬と、解毒を促す青汁をご提案させていただきました。また、食生活やスキンケアの改善&対策についても話し合うことで、簡単にできるモノから取り入れていただきました。
 
服薬から
 
二週間経過…まだ大きな変化はないが、新しい吹き出物が出来にくくなっている気がする。
 
一ケ月経過…服薬開始前に比べ、症状改善の兆しが見える。少しお薬の内容を微調整。
 
二ヶ月経過…仕事の付き合いで外食が続き少し悪化。ただし、改善傾向ではある。
 
三ヶ月経過…明らかに服薬前と比べ肌の調子が良い。
 
 
順調に改善が進んでいましたが、ご本人のご要望によりここで服薬をストップ。
 
肌の調子が良くなるにつれ、気持ちも前向きになれたと喜んで頂きました。食生活の注意はすっかり”習慣”となっており、継続していただくお約束をいただきましたので、今後も少しづつ改善できると思われます。
 
私生活もお仕事も頑張ってもらいたいですね!
 
(一ヶ月のお薬代:19,000円)