心の悩み/症例・お喜びの声

“やる気がでない…”無気力状態を抜け出した漢方症例

来月も趣味のダイビングを楽しんできます!

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!

今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。

50代 男性 会社員

職場での人間関係がギクシャクしてしまったことをきっかけに、会社へ行くのが億劫になってしまった。

元々の仕事内容も自分には合わないものが多く、楽しんで仕事をする雰囲気ではない…ストレスが溜まる毎日。

最近になり、頭が重く、首や肩こり、下痢、頻尿などの症状がでるようになり、ご自分では自律神経が乱れてしまったように感じている。

眠りも良くない。子供の頃から人前で話すのが苦手であがり症。病院からは八味地黄丸を処方されている。

何よりも辛いのは趣味で通っていたスキューバダイビングや音楽への情熱も冷めてしまったこと。以前は休みを使ってアクティブに過ごすタイプでしたが、仕事のストレスがかかってからというもの、趣味へのやる気も低下してしまった。


問診の結果、心身の緊張を緩める漢方薬と血流を良くする漢方薬をご提案しました。

人間関係については、直ぐに変化を期待することはできないので、いかに自分の感覚を変えていくか?ストレスをストレスと思わない思考をもつにはどうすれば良いか?一緒に考えながら体質改善に取り組んでいだだきました。

1ヶ月後…
不思議と気持ちは前向きになっている。頭痛も起きなくなった。コリや頻尿は続いている。

2ケ月後…
仕事のストレスが強くかかり、一時調子を崩したが、以前よりもストレスを溜めないよう意識できている。夜の頻尿はなくならない。

3カ月目…
ダイビングの予約をとった。今週末に行ってくる。体調は良好。

4カ月目…
先月のダイビングをきっかけに、趣味を楽しむ気持ちが蘇ってきた!まだ頻尿や肩こりは感じるが、体調は安定しているのでお薬を中止したい。

約4ヶ月でご本人様が納得できる程まで回復ができました。これからもお仕事をこなしながら、趣味を楽しみ、人生を満喫していただければと願っております。