皮膚病/症例・お喜びの声

指先を中心とした「手湿疹」の漢方症例

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!

今日も当店のお客さまの症例をご紹介します。

40代 女性 専業主婦

2年程前より手湿疹に悩まされている。(足は痒み無し)

特に夏場はひどく、指の根元から痒み~痛みがあり、指先には熱感と黒い色素沈着も見られる。

熱感もある為か?氷で患部を冷やすと落ち着く傾向がある。(実際に店頭では保冷剤を握りしめてご相談されていました)

病院では「手湿疹」と診断を受け、飲み薬と塗り薬を使ったが改善せず(10代の頃はアトピー体質だった)

冬は症状が比較的落ち着く季節でもあるので、漢方薬も使用し更に状態を良くしたいとご相談がありました。

その他、生理前のイライラ、季節の変わり目に喘息、胃痛、便秘などあり…。

問診の結果、皮膚病や自律神経に使われるお薬を二週間分ご提案。(煎じ薬)

また、保冷剤で過剰に患部を冷やすことを避けること。出来るだけ砂糖の摂取(お菓子や調味料)を減らすこと。食物繊維を多めにとり、お通じを改善すること。などを日々の養生としてお話させていただきました。

二週間後…
痒みが以前よりも減り、保冷材で冷やす必要が無くなった。便通も良くなったように思う。

一ケ月後…
痒みは徐々に減っている。湿疹はまだ残っているが、初回に比べるとだいぶ良い。今回生理前の不調は感じなかった。

二ヶ月後…
少し食生活を油断していた為か?新たな症状が少し出ている(左右)食生活の再確認。

3ケ月後…
症状はおちついている。

長年悩まされた皮膚病ですが、この方は比較的早い段階で改善がみられました。根治に向けて頑張っていただきたいです。