循環器疾患・生活習慣病/症例・お喜びの声

今回の透析は無事回避!「糖尿病性腎症」の漢方症例

少しずつクレアチニンの数値に変化が出てきました。
 

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!
 
今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。
 
80代 男性 「糖尿病性腎症」
 
10年以上前から糖尿病の診断。食事改善や内服薬で血糖コントロールしてきたが、数か月前から急激に体調が悪化。食欲不振、息切れ、動悸、足腰の怠さ等が気になり始めた。
 
今年3月の血液検査では血糖値113・HbA1c6.1・クレアチニン6.45を記録。次回の検査でも数値が上がるようならば、透析も視野に検討すると医師より告げられる。
 
心配な数値ではあるが気持ちは前向き。努力するので何とか透析を回避したいと依頼を受ける。
 
問診の結果、お体に合わせた漢方をご提案。
 
1ヶ月月後…
気になっていた息切れや動悸が軽減。歩行もしっかりしてきた。食欲はまずまず。
 
2ヶ月後…
漢方開始後初めての血液検査。血糖値113→120・HbA1c6.1→5.8・クレアチニン6.45→5.73に変化。体調も良い。
 
3ヶ月後…
先日腰を痛めたが数日で回復。血糖値120→105・HbA1c5.8→5.8・クレアチニン5.73→5.15に変化。医師より「とりあえず今回の透析は様子をみましょう」と言われ歓喜。
 
現在4か月目も引き続き漢方を継続中。
 
現状も油断はできない状況ではありますが、即透析を免れたことが、ご本人としては大変嬉しかったご様子です。血糖値については食事指導も含め、徐々に変化につなげていければと思います。
 
ご本人様の生活の質を落とさないサポートを、これからもご提案させていただければと思います。