心の悩み/症例・お喜びの声

若者に増えている「パニック障害」の症例

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!

今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。

10代 男性 学生 「パニック障害・不安症」

一ケ月ほど前から…

・眠れない(寝付くまでに3時間位かかる)、怖い夢を見る
・電車になると吐き気、動悸、過呼吸→予期不安もあり。
・お腹が空いても食べられない、めまい、喉のつかえ感、頭痛
・とにかく腹が立つ(ストレスが溜まる)+不安感

があり病院を受診。パニック障害と不安症との診断を受ける。

その後、抗不安薬やカウンセリングを受けたが改善せず。家族のすすめもあり、何か改善法はないか?とご相談に来られました。


問診の結果、自律神経を整える漢方薬をご提案。

二週間後…
服薬して三日ほどで各症状がかなり楽になった。まだ100%ではないが、生活が楽に感じる。

現在3回目のご来店をお待ちしている段階ですが、順調に体調を整えることが出来た症例です。おそらくパニック障害に多い“予期不安(不安が不安を呼ぶ状態)”などはまだまだ時間をかけて改善しなければなりません。

パニック障害は時間が経過すると、重症化するケースもありますが、早期の対応ができれば、今回の様に症状を緩和することが出来るケースが多いように思います。

まずは周りの人に相談することから!初めてくださいね!