心の悩み/症例・お喜びの声

自律神経失調症に著効した漢方症例

原因不明の発熱に不安を感じましたが克服できました!
 

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!
 
今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。
 
20代 女性 アパレル販売員
 
3~4年前より病院にて「自律神経失調症」の診断をうける。
 
主な症状は…疲れやすい、原因不明の発熱、極度の緊張、不安感、難聴など。
 
また、手足の冷え・浮腫み、頭痛、不眠の症状もあります。
 
学生の頃より生理痛が酷く、PMS(月経前症候群)によるイライラや腰痛も辛いとのこと。
 
電車や乗り物に酔いやすいのも気になる点です。
 
お仕事は一度休職した時期もあるそうですが、今は出勤時間を短縮して対応されています。
 
 
問診の結果、東洋医学で言う気血の滞りと血液不足が原因となり、自律神経に影響が出ている状態と判断しました。
 
特に原因不明の発熱については生理前に多く、短時間で治まるものであるようです。これは一般的に「逍遥熱」と呼ばれるものと判断し、お薬を選択する際のヒントとしました。
 
1週間後…
初回に感じていた症状がほぼ楽になった。頭痛は少し感じるが、夜もぐっすり眠れる。
 
更に1週間分のお薬を作成。
 
体調の安定を考え、少しの間お薬を続けていただく選択肢もありましたが、ご本人様からの連絡は途絶えてしまいました。ただし、その後も再発のご連絡は受けておりません。
 
数年お悩みだった症状とのことでしたので、通常はお体の変化にはもう少し時間がかかることが通常です。二回目の変化は私自身も驚くほどの変化でした。どうか休薬後も安定されていますことを願っています。