心の悩み/症例・お喜びの声

受験のストレス?原因が複雑なお子様の漢方症例

お薬のお陰で親子ともども前向きになれました!

大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!

今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。

13歳女の子 中学2年生

気分がおちこみやすく、朝が起きられない

食欲不振で時には吐き気を伴う。その他、怠さ・頭痛・腹痛などもある。

元々は活発な性格であったが、3~4年前の中学受験におけるストレスをきっかけに気持ちがダウンしやすくなったように思う。

日々の授業にも難しさを感じるようになり、思うようにいかない日常にも本人は心の疲労を感じているようだ。部活動には問題なく通えている。

特に春先は症状が顕著で、クラス替えが伴うと一時的に学校も遅刻気味(登校は何とか頑張っている)となり、 帰宅と同時に眠りについてしまうこともあるほど、疲労を感じてしまうようだ。

今回は心配されたご家族からのご相談でした。ご遠方のため、お電話でのやり取りを重ね、適する商品をご提案。まずは1ヶ月分お試しいただきました。

お薬を開始されてから2~3週間たつ頃、一度お電話があり、「本人はとても調子が良いようだ。元々あった症状は半分以下に減り、学校も問題なく通えている」とのご報告を頂きました。

通常3ケ月以上はお薬をご継続いただくことをオススメしておりますが、予想よりも早い変化とお母様の明るい声に嬉しく思いました。

お電話では、残る症状と体質そのものを修正する為にはもう少し時間がかかることをご説明し、しばらくお続けいただくようアドバイス。今後はお薬を減らしながら様子を見ていけるよう、注意深くサポートさせていただこうと思います。


中学受験や日頃の勉学にストレスを感じ、体調を崩されるお子様は近年増える傾向にあります。

特に当店では、決して親御様や教師が圧力をかけている状況ではなくとも、ご本人なりにストレスを感じてしまうケースが多いようです。症状の発生には、日頃の食生活や人間関係、生活習慣(夜更かしやスマホの利用)なども複雑に影響を与えている可能性も否定できません。

当店ではお薬のご提案だけでなく、そのような生活習慣や心の在り方なども含めアドバイスさせていただきます。何もせずに状況を見守るよりも、少しずつでも出来ることから始めることで、ご本人だけでなくご家族の“心の安定”に役立つこともあるのではないでしょうか。

お困りの際は一度ご相談ください。

(1ヶ月のお薬代:約18,000円)