心の悩み/症例・お喜びの声

男性の「統合失調症」漢方症例

少しづつ生きる意欲が戻ってきたように思います!
 
大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!
 
今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。
 
49歳 男性 「統合失調症」
 
仕事のストレスが長期に続いた為、2年ほど前より症状が出始めた。日中はほぼ横になり過ごし、以前は趣味であった釣りや楽器演奏に興味を示さない。テレビも見ない。便秘気味。
 
ここ2~3か月は特に不調が顕著で、幻覚や幻聴にも悩まされている。(その他、低血圧・震え・不眠などあり)
 
病院からは統合失調症の病名がつけられ、お薬も7種類服用。
 
今回ご本人は来店できず、ご家族からの情報のみで対策を検討しました。
 
以前は趣味の多い方だった分、ご家族も心配をされています。
 
お話を伺った結果、状況に合わせた漢方をご提案。
 
1ヵ月後…
体の怠さが少し抜け、横になりながらであるが、テレビを見るようになった。
 
2ヵ月後…
週一のデイサービスに通い始めた。元気になったらコンサートに行きたいと言っている。
 
その後、半年ほどお薬をご継続いただいた後、残念ながら金銭的な理由で服薬を中止することになりました。
 
まだまだサポートを続けたい思いもありましたが、ご家族からは笑顔が戻り少しでもお役に立てたことを嬉しく思います。