体の痛み/症例・お喜びの声

バレーリュー症候群と思われる「慢性頭痛」の漢方症例

寝込むことが無くなり、無事にお仕事にも復帰できました!
 
大宮さいたま市の漢方相談専門!いわい薬局です!
 
今日は当店のお客さまの症例をご紹介します。
 
40代女性 会社員 「慢性頭痛」
 
20年以上前から定期的な片頭痛に悩まされている。(耳上から目の奥全体にかけて)肩首こりもあり、痛みが強いときは寝込んでしまうこともしばしば。
 
足の冷えや吐き気もあるが、食欲は問題なし。
 
幼少の頃から何度か首を損傷する事故やケガを経験。昨年末には脳動脈解離のため入院し、退院後もお仕事をお休みする状況が続いている(現在は自宅にて加療中)
 
頭痛の改善、お仕事の復帰を願いご相談に来られました。
 
問診の結果、お体に合わせた漢方をご提案。
 
1か月後…
以前に比べ寝込むことが減った。頭痛はまだあるが、重く何かに寄りかかりたくなる感覚は減った気がする。天気が良い日は特に調子が良い。
 
2か月後…
頭痛は以前の半分以下になっている。肩こりも良好。先日一時的に眩暈に襲われ不安になったが、その後は落ち着いている。
 
3か月後…
頭痛は気にならない日が多いが、たまにハンマーで殴られたような強い痛みに襲われることがある。眩暈も度々感じる。
 
4か月後…
体調は完治していないが、動くことに問題はなし。寝込むことはなくなったのでお仕事の復帰を決めた!
 
5か月後…
お仕事はできている。頭痛や眩暈に注意しながら生活をしていこうと思う。
 
頭痛には様々な原因がありますが、むち打ちなど、首の損傷が原因で頸椎の神経や血流に問題があると、頭痛や眩暈、耳鳴りなどが出ることがあります=「バレーリュー症候群」
 
今回は問診の情報から一般的な頭痛の漢方ではなく頸椎に注目し“痛みや痺れ”に使うもの選択しました。
 
まだ完治とまでいきませんが、無事にお仕事にも復帰され充実した毎日を送られています。